人生の選択

トルコのカッパドキアで気球で事故があり、
不幸にも1人が死亡、24人が怪我。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130520/k10014713671000.html

カッパドキアの気球は結構事故が多いらしく、、、

私も事故が多いこの気球に乗るか乗らないか迷ったくらいなので、犠牲にあわれた方のご冥福を祈らずにはいられない。

私がカッパドキアに行ったのは昨年7月。


こんなゴツゴツ岩のトコロを気球が飛ぶのだが、気球に乗ると全景が見渡せとても良いらしい。

事故が多いという話は知っていたが、事故にあたるかどうかを心配していたら楽しい旅は出来ない。


カッパドキアの不思議な風景と、初めての気球に胸が踊る気分。

しかし!
母が体調を崩し、気球を諦める羽目に。

事故が多いという件で少し悩んだが、結局は別の理由でこの気球にはご縁がなくなった。

1人で行って来ても良いよ。
と母は言ったが、
母の体調も心配だったし念願の気球を諦める。

気球代は結構お高く1人2万円くらいするので、
浮いた4万円はイスタンブールで少し優雅に使おう。
という選択におさまった。

が、結局その後母がトルコブルー
の小さな絨毯に魅せられ、
その絨毯が4万円だったこともあり、
優雅に使う予定のお金はイスタンブールに辿り着く前に絨毯代に消えたのであった。

人はいつも無意識のうちに選択を繰り返しているものである。

カッパドキアで気球に乗るはずのお金をイスタンブールで使おうと思うが、
結局絨毯になってしまった事も自らの選択。

無意識の選択の結果、
我が家の玄関先には今も母お気に入りのトルコ絨毯が健在である。

今回の事故でも、

もしその人がその日体調を壊して気球に乗る事が無かったら、、、

もしその気球じゃなく、隣の気球に乗っていれば、、、

もし天候が悪くて気球がとばせ無かったら、、、

もし、虫の知らせに従っていたら、、、

と色々考えるが、
それが何一つ違わず、
その日は天候が良くその人がその気球に乗り事故にあった。

というのが結果であり、
不運も重なった上でのその人が選択した結果である。


人はいつも選択を繰り返して、その道に辿り着く。

不運な事は、人のせいや環境のせいにしたくなるが、
結局は自分の選択の末辿り着いた結果である。

未来の事はわからない。
だから、今出来る事は目の前にある選択をどう進むか。
だと思う。

チャンスというものは急にやってくる。
そして、チャンスはいつも準備が出来ていない絶妙なタイミングでやってくる。

自分でも信じられないようなすごい事というのは、
案外アッサリと来る。

それをまだ準備が出来ていない。
まだ自信がない。
とチャンスを逃がし、
断った事でほんの少しの安心を手に入れるのも選択だし、

勇気を持って踏み入れた事の無い世界に飛び込んで、
チャンスを掴むのも選択である。

一寸先は本当に未知の世界。
でも、一寸先で何があっても自分の選択に後悔の無い生き方をしていきたい。

アトリエクララ
平 クララ
http://www.atkurara.com/
info@atkurara.com



最近の記事

  • 関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP