サムハラ神社奥の宮 岡山県

14752201110534.jpg

今回のダンガン神社旅行で行きたかったサムハラ神社奥の宮

その昔天正時代
岡山市加茂町中原にある日詰山に築かれた落合城にサムハラと神代文字で書かれた石碑があり
石碑を拝み文字を書き写し身につけると
矢や鉄砲から身を守ると
熱心に拝まれており
その後も
サムハラの護符は地元の人に信拝されていました。

日清日露を生き抜いた田中富三郎さんが
荒れていた神社を奥の院として復興しました。

サムハラと言う言葉には
森羅万象の気を整え
世の中のゆがみを正道に戻す
と言う意味が込められているそうです。

いかなる業も浄めてしまう神様だそうです。

最近の記事

  • 関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP