夢の中の世界 【料亭編】

いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます。

昨日私が見た夢のお話なので、本当にお暇のある方だけご覧ください。

昨日の夢の中で私は1人でとても高級な料亭へランチへ行っていました。

以前見た夢でも、この料亭の周辺は行った事はありましたが、入店したのは昨日が初めて。

そして、
1人で食べたランチのお値段は、なんと25000円也!!

夢の中の世界というものは、味覚を感じにくいものなのでしょうか・・・。

25000円のランチを頂いたのにも関わらず
残念ながら味覚は全く無く、味は全くわかりませんが

器はとても美しく、お料理と器が織り成す芸術的なものだった事は
覚えております。

私は1人で25000円のランチという、これまでの人生で味わった事の無いひと時を満喫し、

お会計。

25000円の価値ある時間とお食事にお金を支払おうとしたら、

なんと!
お店の方

『40000円になります。』

と、驚きの言葉。

えっ?! 四万円?!
私は、納得のいく優雅な時間を過ごし、最後にお金の事で何か言うのも心地が悪いと思いましたが、

15000円の差額はデカイ!
と思い

恥じらいを捨て、店員に尋ねました。

『すみません、私25000円のランチを頂いたのですが・・・』

すると店員
『当店では、サービス料が別となっておりますので、コチラとコチラと・・・』

と、言いながら私の目の前で電卓をはじく。
そして、

『なので40000円になります。』

と (´Д` )

そう言われたら、もう何も言えないし、
さっきまでの優雅な時間を台無しにしたくなかったので、

『わかりました。すみません。』

と言い、お財布からお金を取り出す。

25000円と、プラス・・・

一度お金を支払うと決めたものの、やはり後悔が襲ってくる。

40000円あったら母でも誘って2人で他に優雅な時間が過ごせたなぁ。

なんで1人でこんな時間を過ごしてしまったんだろうか。。。

後悔と未練の中、
差額のサービス料15000円を渋々お財布から取り出し、店員へ渡す。

と、その瞬間に女将登場。

全てのやり取りを見ていた女将は、

『今日のところは、、、』

と言いながら、中途半端な額の10000円を返してくれた。

なんだか、
更に後悔してしまった。

25000円と思っていたものが40000円だったけど、

おもてなしをしてくださった料亭の方が提示した金額を何で心地良く支払わなかったんだろう。。。

目の前の返金された10000円を目の前に悩む。

受け取るか、
受け取らないか。。。

のところで、目が覚めた!

なんとも心地の悪い目覚め!

でもこの夢のお陰で

心地の良い時間の過ごし方。
心地の良いお金の使い方。
心地の良い人と人とのお付き合い。

について考えさせられました。

以上、
時間とお金と人のドラマティックな私の昨日の夢の中の世界をシェアさせてもらいましたが、

夢の世界はいつも不思議で、何かを啓示してくれる事が良くあります。

だから、夢の世界からのサインを見逃さないように♪

でも、今日は心地の良い夢を見たいなぁ。

心地の良い夢が見られるように、少し心を落ち着けてから寝ようと思います。

おやすみなさい♪

アトリエクララ
平 クララ
http://www.atkurara.com/
info@atkurara.com



最近の記事

  • 関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP