比較


比較というものはそもそも、

『モノとモノ』の間で行うものであって、
『人と人』の間で行うものではない。

人間は、それぞれに違う思想を持ち、違う個性を持っているのだから比較のしようがない。

けど、
ついつい人と自分とを比較してしまいがち。

自分より何かの面で秀でる人を見ると、
素晴らしいと思う反面自分に少し凹み、

自分よりも何かの面で劣る人を見ると、
腹の中で少しの優越感を感じたりするもの。

たった一場面をみては比べて、一喜一憂する、人間は弱い生き物。

そんな愚かで弱い生き物が楽に楽しく生きて行くコツは、、、

隣の芝生は青くない。
と、思う事。
じゃないでしょうか。

比較するから、いちいち一喜一憂して無駄なエネルギーを消耗する。

ならば、はじめから比較癖を辞めよう。

急がない、焦らない、比べない。

現代社会はとにかく忙しい。
他人に遅れをとらない為にも、社会から遅れをとらない為にも何かと忙しい。

人間の人生は短くて儚いからこそ、

自分を良く見つめて、焦らずにゆっくりと自分のペースで進む事が、優雅な道のりなのかな。
と思います。

最近の記事

  • 関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP